「インディアンカレー」
金曜日なので今週もまじめな話から離れて食べ物屋の話です。
「インディアンカレー」です。

東京では丸の内のTOKIO地下にあります。もともと大阪で60年の歴史をほこる老舗だそうですが、大阪の店舗にはお邪魔したことはありません。TOKIAの地下は全体的に比較的好きで、また場所も便利でしばしば使いますが、さくっと食べるのはここが一番です。

相当に独特のカレーです。席につくとまずキャベツのピクルスがでます。これが本来だと辛ささましになるのですが、私はすぐに食べてしまいます。カレーは本当に独特の辛さです。かなり辛目ですが、ちょっとその辛さが違います。そして、独特の甘さもあります。不思議ですが、癖になります。

実は隠れベストメニューはスパゲッティです。スパゲッティ大盛にルー大盛りたまご入りという1000円コースがお薦めです。ここにはパスタと呼ばれる前の日本のスパゲッティがあります。アルデンテなんて言葉が流通する前の日本のスパゲティがあります。デュラムセモリナ100%だとか、ダイスはメタルだよねとか、ディチェコだバリラだとか、そんなことを頓着しない昔の日本のスパゲッティです。

これにカレールーをかけます。もう少しかけてくださいお願いします、といいたいくらい控えめにかけます。大盛にしたのにルーは大にしなければ悲惨なことになるでしょう。でも、ルーは貴重なのです。なにせスパゲッティの大盛りは50円増しなのに、ルーの大盛りは200円増しなのですから。

ここのスパゲッティが好きな方は、次は有楽町の「ジャポネ」でその名も「インディアン」というメニューを食べられることをお勧めします。




ビジネスブログ100選
blogram投票ボタン  
↑ブログランキングというのに参加してます。よろしければクリックして一票投票を
関連記事
スポンサーサイト
【2009/11/27 23:21】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<図書紹介:『35歳からの生きかたの教科書』小倉 広著(アスコム刊) | ホーム | 攻撃的相談論>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://jqut.blog98.fc2.com/tb.php/693-bc14bc9d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |