FC2ブログ
NEVER WORD
昨日続きです。

下期の人事部のスローガンまでご説明しましたが、今回はここで終わっていません。さらにこれを個人個人の行動にまで落とすために、人事内のリーダー格6名に議論をしてもらい、「NEVER WORD」「MUST WORD」なるものが生まれました。「NEVER WORD」と「MUST WORD」という言葉は、早稲田大学ラグビー部の中竹監督からいただいたものです。今回は私か勝手に提示したのではなく、リーダーが議論して作ったところに意味があります。我ながら自分も大人になったと勝手に自己満足しています。なかなか委ねるということができないリーダーでしたから(今でもかなりそうですが)。

ということで、「NEVER WORD」は8個あります。日常の会話体で示しているところが秀逸です。「NEVER WORD」を決めたあとは、会議などで半分冗談めかして相互指摘ができています。指摘するのも明るさが大切です。

1. それは前例がないから……(前例があるから……)
  -こうあるべきだ、こうだった、思い込みや先入観をとりはずそう。
2. 今、忙しいから……
  -人と人のつながりで仕事は成立。伝えたい人のコトバに耳をかたむけよう。
3. ○○が○○だから……
  -ひと・組織・環境のせい?全ては自分の責任と考えよう。
4. 時間がないからできませんでした……
  -だらだらしないで、時間のつかい方をひと工夫しよう。
5. やるつもりだった、やろうと思ってた……
  -やれなかった? やらなかった?行動に移さなかったら「やらなかった」に等しい言葉
6. 知りません、知らなかった、教えてもらってない……
  -大切なことは、知ろうとする姿勢。知らなければこれから知ろう。
7. 私には関係ない、自分の仕事じゃない、○○さんがやってるはず……
  -当事者意識を持ち、自らの枠を決めず、チャレンジしよう。
8. 特にありません・・・
  -興味をもって感じてみよう。些細なことでも気付きをコトバにしてみよう。

1番を言わなくなるだけで、ものすごく改善や新たな取り組みが増えるはずです。2番3番7番あたりがなくなると、職場のギスギス感が消えていきますね。4番5番6番みたいな言い訳も気持ち良くないですよね。すごいなと思ったのは8番。会議などで「××さんは何かある?」と聞かれることを想定して常に自分の意見を考えておくようになると、脳が活性化し自然に成長するのではないかと思います。

この8つの言葉が職場から追放されれば、それはそれは素敵な職場になることでしょう。

《2009年12月2日》人形町にて某大学の職員の方と「人材教育」編集者の方と会食。人形町は詳しいはずですが初めてのお店、まだまだ知らないことは多いです。あっという間に時間は過ぎます。


ビジネスブログ100選
blogram投票ボタン  
↑ブログランキングというのに参加してます。よろしければクリックして一票投票を
関連記事
スポンサーサイト



【2009/12/02 23:43】 | 仕事の進め方 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<MUST WORD | ホーム | 下期の人事部>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://jqut.blog98.fc2.com/tb.php/698-2899e41f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |