会社に入社して何をすればお金をもらえるか
人事のメンバーが「株式会社イーファルコン」のセミナーに参加してきました。

「育成の仕組みを作るために必要な条件」というタイトルで、やや時間不足の感はあったものの、なかなか興味深い内容だったようです。すぐに研修報告をもらいましたが、研修報告をすぐに書くのは素晴らしいリフレクションになります。またすぐに報告を書きたいというのは、内容に刺さるものがあったのでしょう。

冒頭で仕事への姿勢の形成における認知モデルについてのお話があったそうです。

とある大学の学生に「会社に入社して何をすればお金をもらえるか」という質問をしたそうです。回答は以下の5択からです。

 1.会社に入ればお金をもらえる
 2.会社で一生懸命に働けばお金がもらえる
 3.会社に役に立てばお金がもらえる
 4.会社で問題を解決をすればお金がもらえる
 5.会社で新たな価値を生み出せばお金がもらえる

あたなはどうでしょうか。

なんと大半が1か2と答えたとのこと。こういった学生はちょっと採用したくはありませんね。相当に勘違い、錯覚の世界です。もちろん社会を知らないので仕方がないとは思うのですが…。

「1.会社に入ればお金をもらえる」というのはまず論外です。授業料を払って通っている大学と、給料をもらって働いている会社の区別がつかない人が少なくないということでしょう。確かに、会社に入るとその月の25日には給料がもらえます。でも、そんな感覚の社員ばかりだと、その会社はいずれ給料も払えなくなってしまうことは間違いありません。それよりなにより、仕事に面白みを感じることができず、さびしい人生を送ることになりそうです。

「2.会社で一生懸命に働けばお金がもらえる」、これはどうでしょう。「一生懸命」であることはもちろん悪いことではありませんし、「一生懸命」働いてほしいとは思います。ですが、自分勝手に一生懸命にやられても会社は困ります。このあたりがちゃんと理解できているかが1つのポイントです。
それから、「一生懸命やればそれで良い」というだけの価値観は間違っているということを理解しているかがもう1つのポイントです。世の中に一生懸命にやったけれども、倒産した企業はたくさんあります。

《2009年12月12日》 今年もあと20日。バタバタが続いていますが、年末年始に帳尻を合わせますか。


ビジネスブログ100選
blogram投票ボタン  
↑ブログランキングというのに参加してます。よろしければクリックして一票投票を
関連記事
スポンサーサイト
【2009/12/12 20:55】 | HRM全般 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<図書紹介:『「勝ち組企業」の就業規則』下田直人著(PHPビジネス新書) | ホーム | DVPNG講習会から>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://jqut.blog98.fc2.com/tb.php/708-c6a534d2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |