FC2ブログ
「チームの力」は挨拶から?
組織の力は、単に構成員の力の総和ではないでよね。「個々人の力」と、個人間の連携だとか、つながりだとか、連携だとか、ぶつかり合いといったものの双方があわさって組織の力ですね。後者をとりあえず「チームの力」としましょうか。組織の力は、「個々人の力」「チームの力」の和ではなく、掛けあわせでよく語られます。

つまり、組織の力 = 個々人の力 × チームの力 というわけですね。

「チームの力」がまともに働かないと、組織としてのパワーが「個々人の力」の総和より小さくなる可能性すらあるわけですから、「チームの力」は大切ですね(何せ掛け算ですから、片方がゼロだと結果もゼロになります)。そのために、リーダーとか、マネージャーとか、取締役とか、社長という立場の人(機能)が必要になるわけです。そして、これがなかなか簡単な仕事ではないので、これらの人は一般のメンバーよりも高い給料をもらえるわけです。

日本型人事システムの見直しが、90年代半ばから大企業では徹底的に行われてきました。多くの企業で導入された個人成果主義的賃金や、役割の明確化とセットで導入された職務給・役割給、といった新たなシステムは基本的には個々人の力を高める仕掛けだったと思います。ある程度、功を奏した部分もあるかとは思いますが、私が感じる限りでは特に大企業ではこれらが劇的に成功を遂げたようには感じられません。逆に昨今では、これら一連の取り組みが、「チームの力」を弱体化させたので見直すべしとの論調が強くなっているように感じられます。

ところで、挨拶もない職場が増えているようです。「チームの力」を再強化するために何をするかは非常に難しいテーマですが、まずは大きい声で明るく元気な挨拶をすることからはじめるのはどうでしょうか。

「大きい声を出して、いつも元気にニコニコしていれば、たいていのことはうまくいきます」。

                   樋口廣太郎 アサヒビール元会長

いいじゃないですかね、こういうノリ。



※《2008年3月27日》 飲みかけで恐縮ですが、ホッピーエクストラです。溜池山王の「やきとり宮川」でのみ飲めます。白モツや鶏スープご飯も絶品です。すぐに再訪してしまいました。ホッピーエクストラ専用のこのジョッキ(グラス?)がまた素敵です。
ホッピーエクストラ


ビジネスブログ100選
  ←仕組みをよく理解していないのですが、ブログランキングというのに参加してます。よろしければクリックして一票投票を
関連記事
スポンサーサイト



【2008/03/27 23:14】 | マネジメント・リーダーシップ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<「節目」は自分で作るもの | ホーム | 3日間、本を読んでいない人間とは友達になるな>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://jqut.blog98.fc2.com/tb.php/74-ad18e4ba
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |