FC2ブログ
銀座ホール
金曜日なのでまた食べ物屋のお話です。

「銀座ホール」です。

もちろん銀座のど真ん中にあるホールではありません。もともとの意味は「砂町銀座ミルクホール」、これを称して「銀座ホール」です。そして所在地はいうまでもなく「砂町銀座」。最寄駅はどこにもなく(多分一番近いのは都営新宿線の西大島ですが15分ではたどりつかないと思います)、都バスが唯一の交通手段となる江東区が誇る超繁盛商店街「砂町銀座」です。

とにかくこの商店街は凄いです。食べ物屋と洋服屋が狭い道路の両脇に軒を並べ、東八通りから明治通りに抜けるこの路地を埋め尽くしています。なぜかおでん屋と焼き鳥屋が多く、あれこれ食べながら街歩きもできます。なんというかこの商店街の魅力は、日常的な縁日空間というか、各店が路地にせせりだすように陳列し、試食やおまけあり、うんちく話ありといった感じて、そして何よりも安い!。この近くに住んでいたら、自分で夕食を作るのが馬鹿らしくなるに違いありません。

さて、「銀座ホール」です。ここは「砂町銀座」の真ん中よりも明治通りに近い方にある、まあ大衆食堂ですね。70年以上の歴史があるそうで、もともとはミルクホールだったわけです。神田の栄屋ミルクホールみたいなもんですね。

とかにく大衆食堂ですから、メニューが豊富。ラーメン、焼きそば、チャーハンから、どんぶりもの揚げ物、各種定食………。お店は数年前にリニューアルしたようですが、雰囲気はレトロさを維持しています。たくさんのメニューが壁狭しと貼られていますが、その中に「メール禁止、写メール可」という意味不明の掲示があったり、「時折、厨房で大声を出しますがお許しください」という意味の不可解な掲示があったり…、お客様との会話を聞いていてもなかなかユニークなマスターです。

そして何といっても不思議なメニューは「名人びっくり焼きそば」。ちょっと盛りのいいソース焼きそばだと思って食べていると、箸が何か物体にぶちあたります。これが小さめですが海老カツ。上にのせずに焼きそばの中に密かに隠しこんでいます。まったくもって意味不明です。そしてさらに食べ続けていると、何か白いものが…。そうです、御飯です。これって、まず御飯をお皿によそって、その上に焼きそばをのせているのです。ひどくB級です。確かに「びっくり」です。そういうと不思議と箸とスプーンがついていたわけがわかりました。この御飯はスプーンでないと食べにくい。
これ、600円です。

入口横で「巴焼き」と称するソフトな大判焼きっぽいものを作って売っています。会計をするときに、こそっと焼きたてを1つくれました。とてもおおげさなこそっとでした。誰にでもこそっと1つくれているのでしょうか。

《2010年1月22日》 我ながら今週も良く働きました(ただ、本質的な仕事は遅れている)。かなり眠いです。今日だけは東京大学に夜に赴きHRM研究会。やっばり外に出るといろいろとアイデアがわいてきますし、やりたいことが出てきます。あとは時間の確保ですね。



ビジネスブログ100選
blogram投票ボタン  
↑ブログランキングというのに参加してます。よろしければクリックして一票投票を
関連記事
スポンサーサイト



【2010/01/22 23:33】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<ワークライフバランスのDVD | ホーム | I will not complain.>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://jqut.blog98.fc2.com/tb.php/749-076f8353
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |