「東京トンテキ」
トンテキとは、トンのステーキ。牛の肉のステーキを「ビフテキ」というのと同様に、豚の肉のステーキを「トンテキ」と呼ばせています。

渋谷の角にあります。多分、結構新しい店ではないかと思いますが、よくテレビでも見ますよね。そのためでしょうか、なかなか混んでます。客層は広いです。分厚い肉が鉄板で出てくるのですが、ポークソテーにはせずにあくまでもステーキ、ていうかトンテキにしています。肉のカットの仕方は人形町のキラクあらため(&移転)「そよいち」と似た、グローブみたいな形に切れ目をいれる感じです。もやしとキャベツ千切りがのって、トンテキの上には当然のようにニンニクチップ。これにマヨネーズをかけてしまったら徹底的にB級といった感じのメニューです。どうしてビーフだと高級で、トンだとB級なんですかね。このイメージ。でも東京は豚肉文化圏ですよ。

B級といいつつも大で1200円、けして安くはありません。普通でも200グラムあるらしいですが、どういうわけが大くらい食わないとおさまりがつかないようなタイプのメニューです。高カロリーは何といってもB級グルメの勲章です。

1つの注文をさばくのに1つのコンロがとられるため、店の中央にはコンロがクレーターのごとく並んでいます。調理時間も牛肉に比較すれば格段に長く、けして効率はよくありませんが、それなりにはファーストフード的オペレーションに落ちており、なかなかよく考えられた業態です。ただし、厨房面積は座席数に比例してある程度とられる宿命です。既に2号店が南大沢にできているようです。

個人的にはとってもテイストです。

《2010年2月5日》 入社1周年記念同期会です。最後はタイ料理。久しぶりに大勢集まりました。めでたし、めでたし。


ビジネスブログ100選
blogram投票ボタン  
↑ブログランキングというのに参加してます。よろしければクリックして一票投票を
関連記事
スポンサーサイト
【2010/02/05 23:40】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<厚生労働省委託事業「短時間正社員制度導入・定着を目指して」 | ホーム | カラセックの「仕事要求度・コントロールモデル」>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://jqut.blog98.fc2.com/tb.php/764-aa4963d6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |