FC2ブログ
指示的ヘルピングの見分け方
キャリアカウンセラーの資格であるGCDFの継続学習会でうかがった話です。

ヘルピング(一般にいうカウンセリングです)の学習のために、セッションを録音して逐語録を採ることがしばしばあります。この逐語録をカウンセラー側と、クライアント側に分けてながめてみます。

カウンセラー側だけの言葉を読んで、セッションの文脈がわかる場合、これはカウンセラーが指示的な進行をしてしまっている可能性がかなりあります。カウンセラーが「そうするとあなたの問題は…というところにあると思われます」といった感じで解決思考で接してしまっている可能性があります。

これに対して、クライアント側だけの言葉を読んで、セッションの文脈がわかる場合、これは非指示的なセッションになっている可能性が大です。

いずれからも文脈が読み取れない場合、これはかなり混乱したセッション進行になっており、これはこれでGCDFとしてはまずいです。

簡単ですが、なるほどそうかなという判別法です。


私の好きなSF小説シリーズ⑧です。日本の古典で行きます。得意の伝奇ものです。早川JA文庫版で読みました。SFプロパー作家として唯一、直木賞を受賞した半村良ですが、受賞作はノンSFでした。

産霊山(むすびのやま)秘録 (ハルキ文庫)産霊山(むすびのやま)秘録 (ハルキ文庫)
(1999/10)
半村 良

商品詳細を見る


《2010年2月20日》 体調不良で家にいました。新しいVAIOが届いたのでいじってましたが。嬉しいです。

ビジネスブログ100選
blogram投票ボタン  
↑ブログランキングというのに参加してます。よろしければクリックして一票投票を
関連記事
スポンサーサイト



【2010/02/20 19:48】 | キャリア~全般 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<ラーニングバー(Learning Bar)のプロモ映像 | ホーム | SF小説について>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://jqut.blog98.fc2.com/tb.php/779-7ffebeb7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |