「対話(ダイアローグ)」のポイント
「対話(ダイアローグ)」は昨年の人事界における流行語(?)の1つでしたね。

昨日ご紹介したイブニングダイアローグのレジュメの整理から「対話(ダイアローグ)」のポイントについてです。

~~"Name the World"  対話とは「世界を名づける」ということ~~

□「おしゃべり」とは違う

相手を打ち負かそうとする敵対的なムードでもなく、友好的なムードを保ち続けながら、真剣なテーマを話し合う。

□「議論」とは違う

意見や考え方の優劣を決めようとするのではなく、一つ一つの意見や考え方の中にユニークさや斬新さを尊重する。

□「話し合い=合意形成」とは限らない

意見の相違から目をそらすことなく、相手を尊重しつつも、お互いの差異を浮き彫りにし、それを受け入れる。

□「情緒・感情」や「エピソード」も語る

三人称的な視座から見解を述べるのではなく、「私」を前面に出した一人称的な視座から、自分の経験や思いを語る。

いかがですか。わかりやすい説明ですよね。まじめでゆるいのが一番です。合目的的に走らないのも大切なことです。とってもいい感じがしますね。ただし、根っこには秘められた強い真剣さがあるのです。同じテーマに関心を持つ者同士での「対話(ダイアローグ)」はアイデアのきっかけをたくさん頂けますし、ある種の勇気をいただける精神安定的な効果もあります。いつも会ってはいない同士がやるのがいいかもしれませんね。


私の好きなSF小説その13です。この人の作品にはSFが多くあります。これは凄い作品です。

光の帝国―常野物語 (集英社文庫)光の帝国―常野物語 (集英社文庫)
(2000/09)
恩田 陸

商品詳細を見る


《2010年2月24日》 本日はとっても信頼ができる皆様との会食でした。信頼は難しいです。一度、信頼を勝ち取るとそののちのさまざまなコスト、障壁が格段に小さくなります。しかし、信頼を得る最大の手法はいかに自分がGIVEをするかしかありません。そして、これが理解できていない人は、いかにお話が上手でも信頼ができません。自分もまだまだ努力をしなければと思います。



ビジネスブログ100選
blogram投票ボタン  
↑ブログランキングというのに参加してます。よろしければクリックして一票投票を
関連記事
スポンサーサイト
【2010/02/24 23:04】 | コミュニケーション | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<ザ・学びのサードプレイス | ホーム | イブニングダイアローグ~伊藤忠のキャリア相談室>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://jqut.blog98.fc2.com/tb.php/783-97de0b58
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |