FC2ブログ
リトル小岩井
外からみると入口の陳列台の姿からサンドイッチのテイクアウトの店にも見えますが(このサンドイッチのディスプレイもなかなか素敵です)、炒めスパゲティの店です(勝手にジャンル名を作りました)。場所は大手町ビル(たぶん)の地下。

まだ、パスタという言葉が日本に生まれていなかった頃のスパゲッティです。アルデンテであるとか、デュラムセモリナ100%だとか、ディチェコはメタルダイスなんだよとか、そんな話はけっ飛ばしてくれるようなスパゲッティです。そうです、有楽町の名店「ジャポネ」と同じ感じです。そして、なんとここにも「ジャポネ」というメニューがあります。でも「ジャリコ」はありません。この手のお店では、茹で置きしたスパゲッティをフライパンで具材と一緒に炒めに炒めます。常に店には炒める音が鳴り響きます。

最初に「インディアン・カレー」みたいにキャベツ酢漬けが小皿で出てきます。メニューに「別盛り」というのがあるので何かなと思っていたら、この小皿が大皿で別盛りになって出てきます。小皿も出てくるので親子のようです。

そして、スパゲッティは「ジャポネ」のような非常識な盛りではなく、それなりに普通です。でもどれも500円台です。この手のお店のスパゲティにはたっぷりと粉チーズとタバスコをかけます。何にでも粉チーズは山盛りにかけます。カラになるほどかけます。その結果、お姉さんが粉チーズを補給して歩きます。

レイアウト的に客層を考えるとカウンターがいいのではと思うのですが、妙に相席しにくい感じの4人テープルです。しかし、当然、相席です。

この手のお店はたまに行きたくなります。

《私の好きなSF小説 その35》 実はディックの短編ていいんですよね。いろいろな編集で出ているので、同じ作品を何冊も買ったりしちゃいます。


まだ人間じゃない (ハヤカワ文庫 SF テ 1-19 ディック傑作集)まだ人間じゃない (ハヤカワ文庫 SF テ 1-19 ディック傑作集)
(2008/03/07)
フィリップ K.ディック

商品詳細を見る
 



ビジネスブログ100選
blogram投票ボタン  
↑ブログランキングというのに参加してます。よろしければクリックして一票投票を
関連記事
スポンサーサイト



【2010/03/19 23:42】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<学びYA 第3回 | ホーム | デジタル化の怖さをこのあたりで確認した方がいい>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://jqut.blog98.fc2.com/tb.php/806-03fe2b27
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |