FC2ブログ
面接における第一印象の重要性
2009年度定期新卒採用はピークを迎えてきていますね。

さて、商談でも面接でも第一印象は重要だとよく言われています。
少々古いデータですが、東京ガス生活研究所が実施した「転職での面接と第一印象に関わる調査」というものがあります。採用面接官が、面接のどのタイミングで第一印象を固めたのかの調査です。結果は以下のとおりです。

①「入室時から第一声まで」           47.7% 
②「自己紹介からはじめの質問への対応」   28.1% 
③「数回のやりとり以降」             24.2%

①はおよそ面接開始1分以内の話、②でも3分程度の話かと思います。つまり、75%の面接では、第一印象は面接開始後わずか3分以内で決まっていることになります。人はどうしても「スキーマ」を作る生き物ですから、最初の印象は大事です。逆に面接官としては、仕事ができるかどうかは疑問ながらも、就職コンピテンシーはやたらに高いというタイプの面接者の第一印象にとらわれ過ぎない(だまされない)眼力と質問力を養うことが重要になりますね。





ビジネスブログ100選
  ←仕組みをよく理解していないのですが、ブログランキングというのに参加してます。よろしければクリックして一票投票を
関連記事
スポンサーサイト



【2008/04/04 23:15】 | キャリア~学生・就職・採用 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<「スキーマ」って | ホーム | 失敗から学ぶ ~部下の失敗対応指導~>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://jqut.blog98.fc2.com/tb.php/82-94fe4f9c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |