「牛かつ おか田」
毎週金曜日は一休みで食べ物の話ですが、ほとんどB級のお店の紹介が多いですね。
で、今日もそんなジャンルから。

新橋は駅前の「ニュー新橋ビル」地下の「牛かつ おか田」です。まずはこのビル、すごいです。ちっともニューではありません。しかも、2階なんかはほぼ異国の世界と化しており、中国系マッサージ店の聖域になっています。

地下にも何店か中国系マッサージ店が出てはいますが、かろうじて日本を保っています。そして、しがないサラリーマンの天下といった感じのお店が並びます。そんな一角に「牛かつ おか田」はあります。ランチ時になんかにいくと大混雑。お店の前からワープして、地上にあがる階段に待ち客が並びます。

店名とおりに「牛かつ」のお店。店頭には「30秒で揚がるのでお待たせしません」(だったかな)とあります。ですから、揚がった牛かつはもろにレアです。皆さん、これにわさびと醤油で食されていますが、私が必ずついつい頼んでしまうのは「ソースかつ丼」1100円。B級グルメの条件をすべて満たしているような素敵なメニューです。

ごはんにキャベツの千切りが乗り、ソースどばどば。その上にかなりの量の牛カツが鎮座し、最後はソースに格子状に美しくマヨネーズがそそがれます。とても見た目は美しい。お好み焼きなんかでよくやるあのマヨネーズのかけ方です。写真を掲載しないとなかなか雰囲気はわかりませんね。これが絶妙のバランスなんですね。

あとこのお店のおきてはメニューは番号でオーダーすること。「ソースかつ丼」くださいといってもくれません。①番くださいというのです。ちなみに、②番は「ソースかつ丼」の1.5です。夜はどうなっているのかなぁ、このシステム。あとは、カウンターの向こうに「クジラ肉取扱店」の貼り紙が…。ランチではどうみてもクジラ肉はないのですが、夜には出るのだろうか…。

《私の好きなSF小説 その49》 とってもディックらしい作品です。表紙絵もばっちり。


火星のタイム・スリップ (ハヤカワ文庫 SF 396)火星のタイム・スリップ (ハヤカワ文庫 SF 396)
(1980/06)
フィリップ K.ディック

商品詳細を見る


《2010年4月2日》 今日は全社プレキックオフというのがありました。リーダー層が全員集まり、経営層及び主要部門のトップから今年の戦略を聞くという企画です。なかなかいいものです。



ビジネスブログ100選
blogram投票ボタン  
↑ブログランキングというのに参加してます。よろしければクリックして一票投票を
関連記事
スポンサーサイト
【2010/04/02 23:36】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<2010年度の新入社員はETC型 | ホーム | 新入社員との5つの約束>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://jqut.blog98.fc2.com/tb.php/820-e43130f4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |