セルフ・アウェアネス
キャリアカウンセラーの「CCAスーパーバイザー養成・認定プログラム」に先月から通っていますが、ここであらためて初心にかえって認識させられたのが「セルフ・アウェアネス」という言葉です。

GCDFのクラスの時から叩き込まれていることですが、セルフ・アウェアネスというのは、「自分が今、何をしようとしているのかを気づく(意識する)」ということです。カウンセラーとしてクライアントに接して何か言葉を発する時に「自分はこのクライアントに何をしたくて、この言葉をいおうとしているのか」ということを認識し、気づくことです。

自己に気づく力さえ持っていれば、カウンセラーは大きな間違いはしません。

たとえば「カウンセラーはクライアントに情報提供をしてもいいのでしょうか」という質問がカウンセラー見習いからあったとします。
もちろんこれに絶対的な解はありません。大切なのは「なぜ情報提供をしたいとカウンセラーとしての自分は思っているか」「なぜ情報提供をするのはよくないことだとカウンセラーとしての自分は思っているのか」。そんな自分に気づくことです。

これはカウンセリングの場面以外にも応用ができます。

たとえば、新入社員研修の講師。新入社員に対して新入社員研修の講師は大きな影響を与える存在です。したがって、その一言一言には大きな責任があります。長丁場の研修なので、講師側にもいろいろな思いも出できますし、疲れも出てきます。そんなときの発言について「今、自分はこの新入社員たちに何をしたいと思ってこういったことをいっているのか」に気づき、認識することは大切でしょう。

部下と接する際も同じです。

いずれも、自己に気づく力さえあれは、大きな間違いはしないわけです。自分が今、何をしようとしているのか。自分は今、何をしているのか。

意識したいですね。

《私の好きなSF小説 その53》 もっとも筒井康隆らしい作品なのかもしれません。初期の短編の方が個人的には好きなのですが。「家」とか「熊の木本線」とか。


虚航船団 (新潮文庫)虚航船団 (新潮文庫)
(1992/08)
筒井 康隆

商品詳細を見る


《2010年4月6日》 変な陽気です。桜も困ってます。


ビジネスブログ100選
blogram投票ボタン  
↑ブログランキングというのに参加してます。よろしければクリックして一票投票を
関連記事
スポンサーサイト
【2010/04/06 23:49】 | キャリア~全般 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<スーパーバイザー養成・認定プログラムの目標 | ホーム | ひとりの人の死は悲しい>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://jqut.blog98.fc2.com/tb.php/824-f62b1d2e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |