うつ病~復職判定の難しさ
メンタルヘルスに関する知識が浸透する中で「うつ病は心の風邪」といったような表現をしばしば聞くことがあります。これは

・うつ病は誰でもかかる可能性があるものであり、特殊なことではない
・こじらせる前にちゃんと治療すれば、こわい病気ではない

といったメッセージとしては有効な比喩ですが、うつ病を軽視することにつながってはいけません。

あまり知られていない話のようですが、うつ病の再発率というのは極めて高いものがあります。初めてうつ病にかかった人が再発する可能性が60%、2回目を発症した人が3回目を経験する確率が70%、3回目を発症した人が4回目を経験する確率は90%にいたるといいます。

企業としては、このことを十分に認識した上で、うつ病経験の社員の復職判定をする必要があります。最大のポイントは再発の防止にあります。特に初発の人の再発を防止してあげることです。そのためにも、本人の希望や主治医の判断だけに左右されずに、再発防止のための復職タイミングの判定は肝になります。休職中に十分に休養をとり、十分に回復したと判断できるまで待てるのが好ましいのですが、往々にして本人が復職をあせります。

そんな際に冷静な判断を求めるために一番必要なのは、実は担当者と本人との間の関係構築です。ここで信頼関係をどれだけ持てているかが、結果を相当に左右するため、休職に入るタイミングでの応対、休職中の定時連絡なども事務的にやるのではなく、復職判定のタイミングまでにいかに信頼構築をしておくかという観点が大切に進める必要があります。

ですから、少なくとも休職担当者に対しては、キャリアカウンセラーであるGCDF資格認定の関係構築レベルまでくらいはできるように育成しておくことが大切であり、それが企業にとってのリスク管理にもなると感じています。

《私の好きなSF小説 その75》 「宇宙の眼」だったかな、ハヤカワSFシリーズは?


虚空の眼 (創元推理文庫)虚空の眼 (創元推理文庫)
(1991/06)
フィリップ・K. ディック

商品詳細を見る
 

《2010年4月28日》 かなり遅れてですが麹町の「文字平」さんへ。6名中2名がもんじゃを食べたことがないというので、珍しくもんじゃもオーダー。鶏のたたきが品切れだったのは残念。


ビジネスブログ100選
blogram投票ボタン  
↑ブログランキングというのに参加してます。よろしければクリックして一票投票を
関連記事
スポンサーサイト
【2010/04/28 23:12】 | HRM全般 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<リーダーの役割~ナポレオンの栄光と挫折 | ホーム | 評価制度の設計>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://jqut.blog98.fc2.com/tb.php/846-8dc092af
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |