人事の書棚から 007-009
ということで、「人事の書棚から」続けます。
背景については、5月5日のブログをご確認ください。

人事の書棚から:007 「新入社員はなぜ期待はずれなのか」

トライアンフの樋口社長の著書です。本当に実直なお人柄で魅力的な方です。昨年の夏はシリーズもののセミナーに参加させていただいたのですが、曜日が悪く、極めて悪い参加率に終わってしまいました。本当に申し訳ありませんでした。多くの人事人材を輩出されているHPのご出身ですね。早稲田大学の中竹さんを先日、企画部門の社内研修に講師としてお招きしたのですが、初めて中竹さんのお話を聴いたもの、トライアンフさんが作られた場でした。本書には「人事は本来、科学です」とあります。まったくそのとおりだと思います。あれこれとお金をかけているにもかかわらず、科学をろくに利用できていないのが特に採用面接の世界です。毎年反省してあれこれと考えるのですが、結局は納得感のある手法を編み出せません。これからもどうぞご指導ください。

新入社員はなぜ「期待はずれ」なのか (光文社新書)新入社員はなぜ「期待はずれ」なのか (光文社新書)
(2009/01/16)
樋口弘和

商品詳細を見る


人事の書棚から:008 「科学的手法で絶対に成功する採用面接」

採用、科学の連想で次の本を選びました。たぶん書籍のタイトルは編集者がつけたのでしょう。アセスメントセンター方式で有名な株式会社マネジメントサービスセンター(MSC)のノウハウで書かれた本です。文京大学の谷内先生が主宰する超長寿実践コミュニティS-HRM研究会で、谷内先生の教え子が紹介してくれていたので早速読んでみました。いわゆるコンピテンシー面接を解説して勧めているのですが、なかなかこれをやり切るのは容易でないですね。特に現場の面接官にうまく使っていただくのには骨が折れます。本格的なコンピテンシー面接までいかなくても、コンピテンシー面接っぽい質問が交わる面接くらいでもいいですから、とにかく推進する必要はあります。それにしても、採用関連、就職関連の本って多いですね。学生も企業も悩んでいます。

科学的手法で絶対に成功する採用面接科学的手法で絶対に成功する採用面接
(2008/07/25)
株式会社マネジメント サービス センター 伊東 朋子

商品詳細を見る


人事の書棚から:009 「就職迷子の若者たち」

なんとなく採用、就職つながりです。ちょっと前の本ですが、なかなか売れていましたよね。秀逸なタイトルです。本当に「迷子」になる学生が毎年どれだけいることか。昨年、著者である立教大学の小島先生の授業に遊びにいかせていただいたのですが、大学という場にいてこういったことを実践されようとしている姿が本当に素敵です。かなりおかしい状況になっている就職活動と大学のキャリア教育、これに疑問を持って何かしようと動き始めている人は相当の数にのぼりますし、多少は効果も出てきているのではないかと感じます。ただ変わらないのはマスコミで、どうしてこうも誘導的な話ばかり作りたくなるのでしょうか。小島先生もテレビの取材嫌いでしたが、確かにいいように言葉を切り刻んで使われてしまってはたまったものでありません。事業仕分けの報道なんかはその典型例ですね。
そういうと小島先生とお会いする場は、いつも宴席がらみです。熱いハートを持ち、楽しい素敵なお人柄です。熱い人事のお話は宴席が似合います。

就職迷子の若者たち (集英社新書)就職迷子の若者たち (集英社新書)
(2006/09/15)
小島 貴子

商品詳細を見る


《2010年5月7日》 真のナポリピッツァ協会日本支部では、またまたガエターノ先生をお招きして講習会を実施します。5月25日にパルテノペ広尾店で開催する予定ですが、詳細は近日中に協会サイトにてご連絡します。


ビジネスブログ100選
blogram投票ボタン  
↑ブログランキングというのに参加してます。よろしければクリックして一票投票を
関連記事
スポンサーサイト
【2010/05/07 23:13】 | 書籍紹介 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
<<新入社員研修から ~新人を育てるのは先輩の潜在的欲求 | ホーム | 人事の書棚から 004-006>>
コメント
また、学生を弄りに来てください
どうも。どうも。
ご紹介頂き、感謝です。
今年度も是非!遊びに来てください。
【2010/05/08 13:13】 URL | こじまでぅえす #-[ 編集] | page top↑
Re: また、学生を弄りに来てください
こじま先生、ありがとございます。
いい加減なご紹介ですみませんでした。
また、是非、池袋お邪魔します。夜も。

> どうも。どうも。
> ご紹介頂き、感謝です。
> 今年度も是非!遊びに来てください。
【2010/05/09 21:42】 URL | ※じぇい※ #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://jqut.blog98.fc2.com/tb.php/852-d434ebea
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |