FC2ブログ
職場の4つの機能
昨日ラーニングバーについて書くなかで、いにしえの職場で成り立っていたOJTについて書きましたが、つい先日読み終えた一橋大学の守島先生の新著「人材の複雑方程式」で「職場」について取り扱っている部分がありました。

ここのところ日本企業のいにしえの強さについて考える(=日本企業のこれからの競争力について考える)機会が多いのですが、「職場」の力はその大きな構成要素です。私が新入社員の頃、それこそ「職場」は「小宇宙」のように私の生活全体を取り込んでいました。「会社」よりもまず先に「職場」があったといえます。

守島先生は著書の中で、今の日本企業の経営の中で「職場」が衰退し、その中で「職場」が本来果たしてきた基本機能が弱体化し始めていることを憂慮されています。

職場の基本機能として、以下の4つがあげられています。

協働の場…協働の目的はもちろん企業によって与えられる目標の達成。それを個人プレーではなく、メンバーの協働で行うのが「職場」である。

人材育成の場…若手の成長をモニターしながら、同時にチャレンジ性のある仕事を割り振る。その中で、上司や先輩が仕事を本人でも監視でもない塩梅で見守る。こんな丁寧な人材育成をしてきた貴重な場が「職場」だ。

働く人が所属するコミュニティ…職場の人間関係やネットワークに入ることで、私たちは所属感と安心感を満たす。職場でのつながりや活動を通して、その場に対する愛着も増していく。

同質化(社会化)の場…価値観や考え方を共有することで、組織のメンバーになっていく。多くの企業で会社の理念や価値観が本当に腹に落ちるのは、人事部が配るきれいなリーフレットでではなく、職場で語られる一言一言によることが多い。

ここからが面白いのですか、この4つの機能を「オモテの機能」とすれば、それぞれについて「ウラの機能」があるというのです。

競争の場(⇔協働の場) …協働をする中で、お互いがどのくらい仕事ができるかを評価し合い、その中で自分がよりよい仕事をするための競争がある。

評価・選別の場(⇔人材育成の場) …能力のある人材は評価され、チャレンジ性のある仕事を与えられてテストされ、丁寧に選別をされていく。

参加する集団(⇔働く人が所属するコミュニティ) …働く人は職場の価値観や考え方から自立することも許される、そんな程度の比較的緩いコミュニティが「職場」であり、あくまでも個人として参加する場であった。そのことが集団としての暴走を食い止めて来たともいえる。

異質性の促進(⇔同質化の場) …職場は同質化を進めるとともに、自分の意見を安心していえる場として、異質性を促進する場でもあった。職場はコミュニティとして受け入れた仲間に対しては、異質性を安心して表出する場を提供してきた。

これらの4つのウラ機能が、オモテ機能を補完するかのごとく上手にバランスをとって「職場」は成り立ってきたのだといえます。こうした「職場」の機能がゆらいでいるというのは、オモテ機能に対して、ウラ機能が大きなウエートを占めすぎるようになってきたということだと守島先生は指摘されます。これまでオモテの陰でひっそりと機能してきたウラが肥大化することにより、「職場」の変質が生じたということです。

さらに守島先生は、その原因を「権限委譲」に求めます。権限を現場に委譲し、そのフォローを怠ってきた経営の在り方に求めます。そもそも権限移譲によりオモテ機能が強化されたのですが、経営が厳しくなり、コスト削減などが重視されてくると、職場のリーダーやメンバーは、権限が移譲されている中でプレッシャーに耐えるために、ウラの機能を強化してしまいます。そして、経営は権限を放任といっていいレベルまで委譲してしまっているため、それに気づきません。日本の「職場」を強くしてきた「権限委譲」が、結果的に今、日本の「職場」の力を奪いつつあるというのです。

私たち「職場」のリーダーは、改めて4つのオモテ機能と、4つのウラ機能のバランスをとった職場運営をするように心掛けようではありませんか。

《2010年5月23日》 レナウンが中国企業傘下に。アメリカの人たちも、20世紀の末には日本に対して複雑な心境だったんでしょうね。


ビジネスブログ100選
blogram投票ボタン  
↑ブログランキングというのに参加してます。よろしければクリックして一票投票を
関連記事
スポンサーサイト



【2010/05/23 16:15】 | HRM全般 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<人事の書棚から040-042 | ホーム | いにしえのOJT~Learning bar(ラーニングバー)から>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://jqut.blog98.fc2.com/tb.php/872-83bc745e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |