FC2ブログ
大学ゼミのブランド化
以前に日経新聞のインタビュー記事で読んだ話ですが、花王の後藤会長が「大学ゼミのブランド化」を推奨する話をされていました。

大学は学生の「品質管理」にきちんと責任を持つべきであり、そのためにはゼミをより機能させることが重要。○○先生のゼミであれば専門知識はもちろん公共性や倫理観などもきちんとわきまえているといった定評ができれば、ゼミは間違いなくブランドになる。有名大学でも学生のレベルはピンからキリまでなのが現実。何大学を出たということよりも、どのゼミを出たというのがブランドになるべき。そうなると、評価の高いゼミに入るために、学生は一般教養課程でも一生懸命に勉強をするようになるだろう。ゼミのブランド化は、学生全体のレベルを底上げすることにも寄与するものだ。

といったようなお話でした。まったく同感です。
後藤氏は受験勉強についても肯定派です。以前に書いたように私も受験勉強による成長体験というのは間違いなくあると思うので、これも賛成です。


※《4月11日》 本日は赤坂にて会食。不思議なメンバーで全員が何かで一緒だったわけではなく、かつお互いが二人以上と昔から懇意にしている…、それが何かの拍子で面で会うようになった、という会です。人のつながりの妙を感じます。

ビジネスブログ100選
  ←仕組みをよく理解していないのですが、ブログランキングというのに参加してます。よろしければクリックして一票投票を
関連記事
スポンサーサイト



【2008/04/11 23:36】 | キャリア~学生・就職・採用 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<マネジメントのスタイル | ホーム | ペース&リード、という手法>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://jqut.blog98.fc2.com/tb.php/89-f7ef3851
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |