FC2ブログ
戦略人事の本質~人事は経営のサブシステム
キャリアカウンセリング協会のスーパーバイザー養成講座。6月20日の回のテーマは「人的資源管理」でした。一応、私の専門分野です。学習院大学の今野先生がお見えになり、8時間の長丁場でのご指導をいただきました。今野先生のお教えを受けたのは初めてですが、とても魅力的な先生ですね。

冒頭でのお話。

人事管理にベストなものがあると思っている人がいるというのは困る。人事は経営システムのサブシステムであり、経営が右だといえば、右になる。人事は人事の都合では決まらない。

人事が経営のサブシステムだというのは、私も常に意識していることであり、であるからこそ経営との一体感は重要です。戦略的人事という言葉がもてはやされていますが、勘違いしてはいけないのは、人事が勝手に戦略を描くのではなく、人事が経営の戦略に寄り添い、経営にあわせろといっているだけの当たり前の話だともいえます。たまに人事天動説的な人事屋さんに会いますが、そういう人は一度、営業に出るといいでしょう。

というわけで、人事管理も人事戦略も各社各様となります。他社の事例は参考になりますが、そのままはパクレないわけです。コンサルタントには丸投げでは任せられないわけです。

ちょっと話はずれますが、私は人事管理の世界では3つの日本があるなぁと思っています。
1つは伝統的大企業の世界、2つ目は新興企業の世界、そして3つ目は外資系企業の世界。もちろん3つにカテゴライズすること事態が危険ですが、目安としてはそんなものかなと思います。私は1つ目の世界から、2つ目の世界に移りましたが、1つ目の世界だけで生きている人にはなかなか2つ目の世界はわかりません。これは、私が3つ目の世界を根っこからは理解できないことと同じです。2つ目の世界の企業でも、必要に応じて1つ目、3つ目のエッセンスを理解し、活用する必要があります。この話はいつかもう少し深めて整理したいと思っています。

《2010年6月24日》 丸ビルにてお取引先との懇親会。ありがたいことです。仕事は、会社ではなく、人がしています。素敵だと思う人と仕事はしたいですよね。


ビジネスブログ100選
blogram投票ボタン  
↑ブログランキングというのに参加してます。よろしければクリックして一票投票を
関連記事
スポンサーサイト



【2010/06/24 23:09】 | HRM全般 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<感情は自然に起こってくるもの、恋はしてしまうもの | ホーム | 因果関係を離れて未来に目を向ける>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://jqut.blog98.fc2.com/tb.php/906-1f7031a9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |