FC2ブログ
メンタルヘルス対応はリソースマネジメント
キャリアカウンセリング協会主催のスーパーバイザー養成講座の復習。メンタルヘルスの問題を抱えるクライアントへの対応の3回目です。

目の前にいるクライアントがメンタルヘルス上の問題があるかもと感じた場合、3つのステップが必要になります。

①メンタルヘルス上の問題のアセスメントをする必要があるかどうか。
②上記①がYESの場合、何をどうアセスメントするか。
③上記②の結果YESの場合、どのように対処するか。

今日はいよいよ③について、つまり「どのように対処するか」です。

キャリアカウンセラーがメンタルヘルスの問題を自分で解決することはできません。できると思う必要ははありません。で、どうなるかというと「リソースマネジメント」がポイントになります。

手順は以下のとおりです。

①相談者がこれまですでにやってきていることを確認する
②リソースを確認する
③リソースを利用する上でのバリアを確認する
④どこにつなげるか(どのリソースを活用するか)を意思決定する
⑤つなげる(リソースを活用する)
⑥フォローする

既往歴を確認することは大切です。リソースの確認にもなります。過去にメンタルクリニックに通っていたのであれば、再訪してもらえばいいわけです。
まず、リファーしようと思う(バンと投げてお終いにしようとする)のではなく、クライアントの持つリソースをコーディネート、アレンジメントしようと思うことが大切です。医療機関はそのリソースマネジメントの1つです。その人の持っているリソースの中でどこにつなげると一番いいかを考えます。

①相談者がこれまですでにやってきていることを確認する
⇒「これまでどなたかに相談されたことはありますか」から入るのが定石です。

②リソースを確認する 
⇒当事者以外の上司のサポート、家族のサポート、専門家のサポート(医師を含む)。クライアントが使えるだろうリソースを頭の中に思い浮かべて聞いていきます。

③リソースを利用する上でのバリアを確認する
⇒リソースにつなごうという時になって初めて出てくることもあります。

④どこにつなげるか(どのリソースを活用するか)を意思決定する 
⑤つなげる(リソースを活用する)
⑥フォローする
⇒当日のクラスで取り扱った事例では、社内の健康相談室にリファーするという意思決定をしました。原因は明確に仕事と思われるので、社内で「事例化」した方が解決に近づきやすいのではないかとの判断によります。また、仮に医療機関につなぐのであっても、健康相談室からつないだ方がいいだろうと判断しています。このクライアントが抱える課題の場合はどこのリソースにつなぐのがよいかを個々に判断していきます。メンタルヘルス上の悪化が何から起きているのか、その解決のためには何が必要なのか、クライアントが持っているリソースには何があるのか、を理解して、どこにつながるのがクライアントにとって最も援助的かどうかを判断していきます。単にリファーするのが仕事ではありません。リファーの仕方はテクニカルなものではなく、一連のプロセスの中でのカウンセリングの意思決定のもとでアレンジされるものです。プロセスをきちんと踏んでいけば、クライアントは「どこかに投げられた」というネガティブな印象は受けません。今回のクラスのケースでは、アドバイスをしたまま放置しておくと健康相談室に行かない可能性がありそだという判断と、組織リスク上の判断から、健康相談室の看護士に直接カウンセラーから連絡をとって場を設定するというまで踏み込んだ選択肢を選んでいました。また、あわせて健康相談室訪問後にキャリア相談室への再訪のアポイントもとっています。リファーしたのであれば、その結果は必ず面談で確認することも大切です。

大切なのはとにかく「リソース・マネジメント」です。キャリアカウンセラーだけで解決しようと思うものではありません。

《2010年8月4日》 午後に障害者特例子会社に訪問。特例子会社でありながら、立派にシェアード・サービスをされている姿に感動。目茶、勉強になります。夜は人事の暑気払い。改めてこの組織、いろいろな人がいる。


ビジネスブログ100選
blogram投票ボタン  
↑ブログランキングというのに参加してます。よろしければクリックして一票投票を
関連記事
スポンサーサイト



【2010/08/04 23:36】 | キャリア~全般 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<スーパービジョン備忘録① | ホーム | メンタルヘルスのアセスメント>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://jqut.blog98.fc2.com/tb.php/947-fe7a7841
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |