障害者雇用を考える
ここのところ結構、障害者雇用について考えています。

メンバー2人が担当して、特例子会社設立を視野に入れた抜本的な雇用対策を検討しています。もちろん法定雇用率という足元の課題があってのことではありますが、金で雇用率を買うというような対応はしたくありません。

このテーマを考える時、小倉昌男さんがされていた障害者雇用についての話を思い出します。
障害者向けの作業施設で給与とはいえない低いレベルの賃金をもらって誰の役に立つのかわかない仕事をしている障害者に(すみません、言葉を選ばずに書いて)対して、自分が食えるだけの給料をしっかりと稼げる、誰かに役に立っていると実感ができる仕事を提供したい、と語られていた話です。

そして、小倉さんが立ち上げた障害者が中心となって運営する「スワンベーカリー」を見に行った時に、当時は私は小麦粉の会社にいたので、どうしてこのようなビジネスを製粉メーカーやベーカリーがやらずに、宅急便屋が思いついて実行できるのかということに、はっとさせられました。

もちろん「スワンベーカリー」の細かい実態はわかりませんが、やはり障害者雇用施策といっても、ビジネスになり、そのビジネスから給料を支払うという理想から離れてはいけないと思っています。このあたりのことは、ありがたいことに、特にいわなくてもメンバーと認識はあっているようです。

ここのところ障害者雇用に関するヒヤリングでいろいろな企業を訪れています。いずれも真剣なご担当者の言葉にはっとさせられる瞬間が何度もあるのですが、その中からビジネス化という観点で感動したのケースを2つほど勝手に紹介させてください。

①リクルート・オフィス・サポート……特例子会社ですが、実は経理・債権管理等の分野については、本体には実行部隊を持たずに、完全にこの会社に切り出しています。ってことは、まっとうな「シェアード・サービス子会社」でもあるのです。「シェアードサービス子会社」に業務を切り出して、その中から障害者向けの仕事をさらに切り出して「特例子会社」に担ってもらうという手法は、キューピー子会社の「ケイシステム」と「キューピー・アイ」等の組み合わせなどいろいろなところが取り組んでいると思いますが、ちゃんと「特例子会社」でシェアード・サービスを推進するということを同時に実現させておられます。大変に感動させられ、勇気が出る事例でした。

②ワークス・アプリケーションズ……特例子会社は設置しておられませんが、人事組織に属する障害者の皆さんが社内のカフェ・サービスをされています。カフェ・ワゴンも押して社内を巡回するそうですが、これを1杯100円で販売しています。無料の社内飲料サービスもある企業なのですが、100円を支払ってこれを購入する社員でしっかりと維持されています。もちろん100円では原価程度しか出ていないでしょうし、ビルの1階にあるスタバに比較すれば格安なのは事実ですが、きちんと有料でやるという意思に、これも勇気をいただきました。

で、いろいろとある現実の中で、当面できる最適解を探したいと思います。

《2010年8月12日》 しがらみ的野暮用で仕事も勉強も進まず、やばいです。涼しいので、夜は映画にでも行くか、とまた進みません。


ビジネスブログ100選
blogram投票ボタン  
↑ブログランキングというのに参加してます。よろしければクリックして一票投票を
関連記事
スポンサーサイト
【2010/08/12 18:37】 | HRM全般 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<成果主義を考える | ホーム | スーパービジョン備忘録⑦>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://jqut.blog98.fc2.com/tb.php/955-f7d7d1d8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |