HR-Mall-Placeメンバーによる学びの縁日、学びのおすそわけ~4組の若手HRパーソンによる4つの学びの企画を二子玉川でゆるっと愉しもう
昨日は経営学習研究所のイベント。私が主担当のHR-Mall-Placeのメンバーによる4つの企画、そして今日までの学びのプロセスのおすそわけです。珍しく、長い、ブログ書いてみました。4チームともすごく頑張ったので、記録に残しておかないと失礼かなと思ったので。
======================================
HR-Mall-Placeメンバーによる学びの縁日、学びのおすそわけ
4組の若手HRパーソンによる4つの学びの企画を二子玉川でゆるっと愉しもう
======================================
20170211-005.jpg 
HR-Mall-Placeについては、過去のこちらのブログをご確認ください。35歳以下の若手HRパーソンが中心のチームです。この6月にキックオフを行い、その日に4つのチームに別れ、それぞれが自律的に活動を続けてきました。Mallの理事も特に強く関与することなく、ゆるっとした枠組みではありますが、各チームそれぞれのやり方で学びを続けてきました。

本日の会場は東京都市大学が二子玉川に持つ「夢キャンパス」。イベントの開始は11時ですが、メンバーは9時に集まります。この夢キャンパスの大フロアに4つの学びの場を作ります。各チーム、それぞれなりに場づくりの仕掛けを始めます。一部ではリハーサルを始めるチームも。入り口には、素敵な表示もさせていただきました。
20170211-007.jpg 

この企画当日の準備の時間がとても好きです。かなり段取りはするけど、その日、その場所の感じで、臨機応変にしなやかにどんどん変えても行く、もっといいやり方があるんじゃないかとギリギリまでこだわる、そののりが好きです。ただ、これを社内研修でもやろうとすると、戸惑うメンバーも多いのですが……。
20170211-015.jpg 

今回の定員は80名。4つのチームに別れるので、だいたい20名での1つのワークショップになりますが、最初は全員で全体会をやります。企画の趣旨、これまでの取り組み、ちょっとした仕掛けについて、私から説明をさせていただきました。
今回は、4つのチームが、午前2回、午後2回の計4回の企画をそれぞれ提供します。参加者は4つの企画をまわるので、「学びの縁日」というのがコンセプトの1つです。
縁日は1人ではまわりませんよね。今回は、受付で知らない人同志の4名のグループを作る仕掛けを取り入れました。受付は学生スタッフがやってくれましたが、ここで参加者にカードを渡すのですが、そこに書かれている番号でグループが決まります。知り合い同志で来た場合は、同じグループにならないように考えながらカードを渡していきます。ここで初めて出逢った4人組、いろいろとリフレクションをしながら4つの企画を回ります。結構、素敵な話し合いが進んだようで嬉しい限りです。そして、縁日なので駄菓子もつきもの。少し遅めのランチまでの間は、駄菓子でつないでいただきます。
20170211-008.jpg 

冒頭の全体会で、80名の参加者全体に対して、4つのチームそれぞれから「3分間インビテーション・スピーチ」を行います。これを聞いて、どのチームから学びにいくかというのを決めてもらいます。行き先を決めるという即席の4人組で最初の作業が行われます。思いを3分で説明するのは難しいですね。最後のギリギリまでパワポの差し替えもしながら、本番を迎えました。
20170211-009.jpg 

あと、もう1つ仕掛けをご紹介します。ポストイットバーを用意しました。会場の中央に色とりどりのポストイットを用意し、気づいたことを参加者にどんどん書き込んでいっていただきます。各チーム毎のホワイトボードを用意し、そこに貼っていっていただきます。これ、各チームについてはとっても貴重なフィードバックです。
20170211-004.jpg 

20170211-001.jpg 

それでは、4つのチームをごくごく簡単にご紹介しましょう。こちらは感情チーム。今回、5名で参加です。すでに一度、有料のイベントを開催しており、そのイベントをモチーフにした学びの場です。なかなか上手なアイスブレイク、場づくりをして、参加者はよい雰囲気の中でダイアローグを愉しんでいました。
20170211-012.jpg 

次は、CROSS ROAD。こちらは円形の段ボール「えんたくん」を持ち込み、文字通り皆でひざを突き合わせてダイアローグをします。このチーム、言われて気づきましたが、全員チェック柄で衣装をそろえていました。CROSS ROADのイメージからです。名刺も作成するなど、結構、凝るチームです。すでに一度、このパターンでワークショップを開催しています。
20170211-010.jpg 

次は、組織チーム。もっとも活動が活発だったチームだといえます。今回、参加できたメンバーは2人でしたが、短時間でオフサイトミーティングのエッセンスを伝えたり、なかなか深いダイアローグを参加者に促したり、素敵な場づくりをしていました。
20170211-013_20170212172811897.jpg 

最後は、戦略人事チーム。なんとこのチームは、4回の企画、それぞれに別のテーマを設定しています。つまり、4回別のコンテンツを提供しようとしているわけです。これは、なかなか凄い。最後まで活動が見えなかったチームですが、きちんと仕事をやり遂げます。ミーティングはすぺてスカイプで行い、今日初めて逢ったメンバーもいたとのこと。これならワーキングマザーも参加できます。
20170211-011.jpg 

さて、ランチタイムです。Mallの企画ですから、当然アルコールあり、というかたっぷりです。ワインとビールをたっぷりご用意しました。ダイアローグの花があちこちで咲き、予定した時間を10分ほど伸ばして、皆さんに対話を愉しんでいただきました。
20170211-003.jpg 

食後には、残りの2セッションを続けます。平行してわれわれ理事は片隅で集まり「理事会」を開催。ただ、だべっていたんではないんです。時間を有効に活用(?)しています。来期の大きな活動方針もおおよそ決まりました。Mallも変わりますよ。また、遠からずご連絡できるかと思います。
そして、4つのセッションを終えて、最後にはまた80人が集まります。ラップアップです。
20170211-002.jpg 

20170211-014.jpg 

各チームのリーダーが振り返りを行い、中原代表理事とのやりとり…。たぶん、一晩あけてまたリフレクション&
ラップアップをやったら、さらに味の染みた内容になったんじゃないかなと思います。各チームは他のチームの企画に参加できなかったこと、他のチームとあまり語り合えなかったことを残念に思っていたようなので、何かアフター企画を考えないといけないなと思います。

20170211-006.jpg 

そうそう、もう一つ企画がありました。投票箱をチームの数だけ、つくりました。このチームの次の企画に呼んでほしい人は、そのチームの投票箱に連絡先を入れると、連絡をいただけるという仕掛けです。終了後、各チーム、ひそやかに開票をしていましたが、望外の数の投票に驚くチームも…。いただいた票の重みを感じつつ、次回も開催しなければいけないという責任感もしっかりと持っていました。

若いうちから、外に出る、これがとても大切だと思っています。多様な価値観に触れてこそ、自分の考えをきちんとつくることができます。まずは、こういった場にできるだけ多くの人をいざないたい、と思います。
そして、もう1つ、参加する側から、創る側にまわることによって、得られること、学べること、そして見える景色がどれだけ変わることかを知ってほしい…。そして、いかにそれが愉しいことかを知ってほしい……。この連鎖を少しでもつくりたいと思っています。同じ思いの人、ぜひ、ご一緒しましょう。



【2017/02/12 18:08】 | 経営学習研究所(MALL) | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
メンバーが1人、卒業しました
今日は、うちのメンバーが1人、卒業しました。

といっても、平日最終出社日のあと、土曜日にまだ2回、採用イベントには出てもらうので、厳密な最終出社日ではないですが…。かなり、変則的ですね。

HRの人、結構、会社を渡りますね。
社内ローテーションではなく、自らが自らの意思で、自分なりのキャリア意識に基づいて、会社をまたいで動きます。今回の彼もそうですが、かなり大変な選択だとは思いますが、応援して見送りたいと思います。

そうはいっても、自社の現場を知る人事パーソンというのも魅力です。でも、転職で人事職についた場合、それは叶いません。それでよしとする人と、それではまずいと思い、徹底的に現場を知ろうとする人、いろいろです。

明日は、HR-Mall-Place。35歳以下の若手人事パーソンによる学びの場の連合体(?)です。何人か、最近、企業を変えた人もいます。それぞれ、頑張っているみたいです。HRという仕事自体が、ひとつの社会のようになり、そこで切磋琢磨したり、同志をみつけたり、ロールモデルをみつけたり、そんなことが日常化しています。なので、卒業しても、いつまでも仲間であり、同志です。

やっぱり、雇用は少しずつとろけています。
なので、逆に企業は徹底的に頑張らないといけないのです。20世紀型の強固な境界線はなくなってきたからです。

最近、ブログさぼってたんですが、HR-Mall-Placeの各チームから、明日の発表のPPTが届くたびに、まだまだ頑張らなきゃと思ったので、ちょっと再開してみたいと思います。

酒場の写真もめちゃめちゃたまっているし。

酒場探訪シリーズ043 西口やきとん 
※酒場探訪シリーズ042 「西口やきとん」@浅草橋 ~ああ、皿なんこつ、皿なんこつ、そして、皿なんこつ。


【2017/02/10 22:48】 | HRM全般 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
「HR-Mall-Place」、2月11日二子玉川でお会いしましょう
経営学習研究所、1月のシアターモールに続き、2つ目の企画は「HR-Mall-Place」メンバーの手による企画です。若手HRパーソンの4つのグループによる学びのおすそわけです。参加される皆さまには、共に学ぶ楽しさを実感いただくとともに、素敵なフィードバックをぜひ、お願いいたします。多摩川を見下ろす二子玉川の素敵なスペースで、少しアルコールも入れながらランチもとりつつ、愉しく進めます。

「HR-Mall-Place」のキックオフの様子です。元気で素敵な仲間が募りました。このメンバーが半年にわたり、自らが学び、そしていくつかのグループはすでに学びの場を提供してきました。そんな日々のおすそ分けをお楽しみください。

あと、10名少々、席があるようです。ご興味のある方、ぜひ。そして、次は、学びのイベントの企画側にもご参加ください。
それでは以下に経営学習研究所のサイトにあるリリース文を引用します。

お申し込みは、こちらのサイトからお願いします。

======================================
HR-Mall-Placeメンバーによる学びの縁日、学びのおすそわけ
4組の若手HRパーソンによる4つの学びの企画を二子玉川でゆるっと愉しもう
======================================
ちょっといつもとは違うテイストの企画をお届けします。
Mallでは、2016年6月に「HR-Mall-Place」のメンバーを募りました。
20名を超えるUNDER35のHRパーソンが集いました。
そして、4つのグループに分かれ、それぞれが共に学び、共に学びの場づくりを
経験してきました。そのやり方もテーマもそれぞれです。
共通しているのは、自組織を超えた人とともに学び、ともに創るという情熱。
そんな4つのグループのこれまでの学びの経験を皆さんに「おすそわけ」する、
企画を創りました。
洗練されたワークショップがあるわけではありません(もちろん、あるかもしれません)。
度肝を抜くような斬新なコンセプトが提示されるわけでもありません(提示されるかも)。
自分たちが等身大で学び、等身大で創り、様々なことを各メンバーは得ています。
そんな中から、皆さんにささやかな「学びのおすそわけ」をする場です。
そして、参加者の皆さまと語らい、
参加者の皆さまからのフィードバックもいただければと思います。
開催日は建国記念日です。
ちょっと元気のない日本。輝かしい未来を描きにくい日本。
学びの力がそれをきっと少し変えていきます。
この日を「学習立国:日本」の建国記念日にするくらいの気持ちで、
皆で盛り上げていきましょう。
皆さまの参加をお待ちしています。

HR-Mall-Placeはこんな集まりです〜メンバー募集時の告知文から(2016.06)
MALL(経営学習研究所)が産声をあげたのは、2013年。あれから3年がたちます。
日本を学習大国にする、日本中に良質の学びが溢れる世界を創る、
そんな思いで私たちは活動をスタートしました。
完全手弁当で、本業の傍らでの活動という制約の中で、
私達なりにできる限りの取り組みをしてきました。
その間、社会人が外で学ぶ場は増えてきました。これは素晴らしいことです。
ただ、まだまだ学びは偏在化しています。
典型的なのは東京と地方の機会の差。
そして、それよりも気になるのは、
学びに頻繁に出る人とほとんど出ない人の二極化的な現象です。
「人事」の世界でも、育成担当者は外に出で学ぶ機会を比較的多く得ています。
採用担当者もそれなりにあります。
それに対して、企画、制度、労務、給与といった分野での機会は多くはありません。
あったとしても講演会形式のものが大半。
ましてや、自分が場を創る側にまわる機会は極めて少ないでしょう。
また、大企業に勤務する人に比較して、
中堅企業に勤務する人が機会に恵まれていないことも気になります。
だから、私たちが創ります。
人事こそ外で学ぼう、人事こそ、学びの場つくりにチャレンジしよう。
でも、難し過ぎることや、崇高すぎる目標に挑もうというわけではありません。
普通のHRパーソンが、日常に役立つことを会社の枠を超えてともに学ぶ、
そんな「場」を創りたいと思います。
企業を超えて語り合い、切磋琢磨し合える「場」をつくりたいと思います。
そんな学びの成果を自社に注ぎ込み、
日本中の企業を元気にするささやかな原動力を創りたいと思います。
だから、「HR-Mall-Place」と名づけました。
塾でもフォーラムでもセミナーでもなく、「場」なのです。

主催
一般社団法人経営学習研究所
日時
2017年2月11日(土曜日)
11時から15時まで(終了時刻は前後します)。
開場は10時45分を予定しています。
会場の都合から、早めに来られても入場できない場合がありますのでご注意ください。
会場
東京都市大学二子玉川夢キャンパス
東京都世田谷区玉川二丁目21番1号 二子玉川ライズ・オフィス 8階
東急田園都市線・大井町線「二子玉川駅」下車 徒歩1分
参加費・定員
参加費としてお一人様ランチ代込
2,500円を申し受けます。
定員 80名
内容(予定)
・イントロダクション 〜おすそわけフェスティバルのコンセプト〜
・本日のお品書き
4チームから自分たちのコンテンツの3分プレゼンがあります
以降、第㈵部〜第㈿部まで、会場の4コーナーで各グルーブからの
企画提供があります。内容は当日のお愉しみ。
4つのチームのチーム名は以下のとおりです。
〇CROSS ROAD
〇戦略人事チーム
〇組織チーム
〇感情チーム
縁日をまわるような気分で、各グループのコーナーを回遊ください
・第1部:お好きなチームのコーナーにご参加ください
・第2部:お好きなチームのコーナーにご参加ください
・ランチ休憩&リフレクション+フィードバックタイム
・第3部:お好きなチームのコーナーにご参加ください
・第4部:お好きなチームのコーナーにご参加ください
・ラップアップ
申込み方法
お申し込みは下記のサイトからお願いいたします。
お申し込みチケットサイト :
http://passmarket.yahoo.co.jp/event/show/detail/01ixskyn4fpu.html
(ご購入後返金はできませんので、くれぐれもご注意ください!)

★20160627223929f7d (1) 
【2017/01/29 19:26】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
経営学習研究所シアターモール& Mall新年会!【人工知能といかに愉しく共存するか】
経営学習研究所の今年最初のイベント「経営学習研究所シアターモール& Mall新年会!【人工知能といかに愉しく共存するか:「人工知能とこれからの採用」を考えるために、「いま人工知能ができること」を学びませんか?】を昨日、開催しました。今回は岡部先生とともに私が担当理事。AIをテーマに、トークとライブと新年会の怒涛のてんこ盛り3時間でした。

トークあり

①.東京都市大学大谷紀子先生「人工知能ってなに?」
    「採用管理システムと AI(人工知能)の可能性」
③.株式会社ワークスアプリケーションズ 石野明様
    「ワークスアプリケーションズに おいて開発を進める AI機能」
④.東京都市大学大谷紀子先生&ワライナキ
    「⼈と⼈⼯知能の最先端 アーティストと⼈⼯知能のコラボレーション」

DSC_2056.jpg 

会場は内田洋行さんの素敵な2階のスペースです。
大谷先生には「文系の人事担当者でもわかるようなAIのお話をお願いします」とお願いしたのですが、まさにその通りの素敵なお話をいただきました。ほんとにわかりやすいですし、AIとは何か、その特徴と強みは何かということが見えてきます。何となく半端な恐怖、不安がつきまとうAI。その進化は避けられないのであれば、まずは恐れるよりも理解することが大切であり、そうしないとちゃんとした議論にもならない、というのがこの企画の根本にありました。
私のような古いSFファンだと、どうしてもアシモフの「ロボット工学3原則」を思い出します。
第1条 ロボットは人間に危害を加えてはならない。また、その危険を看過することによって、人間に危害を及ぼしてはならない。
第2条 ロボットは人間にあたえられた命令に服従しなければならない。ただし、あたえられた命令が、第1条に反する場合は、この限りでない。
第3条 ロボットは、前掲第1条および第2条に反するおそれのないかぎり、自己をまもらなければならない。
こういうレギュレーションができるということは、放置しておくとロボットやAIは彼らの意思で何かをし出すのかもしれないという怖さを逆にこの3原則は私たちに植えつけました。
でも、少なくともまだまだそういうことではなく、AIをどう活用するのか、AIが苦手な=人間が得意な、ことは何なのか、AIの癖は何なのか(結構、癖があるんですね)、AIとどう共存するのか、といったことを考える必要があるという思いが、「人工知能といかに愉しく共存するか」というタイトルにつながりました。

吉田さんと石野さんは、実際にHRの世界でAIの活用を真剣に考えておられる方々です。お2人ともお仕事上でも大変にお世話になっています。MALLの面白さの1つは、アカデミアと実務家がともに学びの場をつくり、ともに学ぶところですから、必然的にこういう展開になります。お忙しい中、登壇いただけたことを感謝いたします。

ライブあり

大谷先生の研究に、AIの作曲というテーマがあり、それを先端事例としてご披露いただくことになりました。AIを活用して作曲した楽曲を大阪から駆けつけてくださった「ワライナキ」のお2人が披露。関西の素敵なノリのお2人です。で、その曲ですが、ワライナキの⾼⽥志⿇さんご自身が 「⾃分たちでは思いつかないようなメロディ」と感じたのに対して、多くのファンが「ワライナキらしい」といったというのが実に面白いです。AIをどう使うかの一端をみたような気がします。

DSC_2058.jpg 

新年会あり

そして会場を地下の新年会会場に移し、新年会の開始です。2階でのイベント開催中、松浦研究員をリーダーにした学生と理事の混成チームが地下の場のしつらえをします。新年会なので、和風ですね。細かいところにまで、工夫がされています。

DSC_2051_20170111225200bc8.jpg 

ここでの特別協賛は、ホッピービバレッジさんです。上岡さんと伊藤さんが駆けつけてくれ、生樽ホッピーの白・黒、地ビール、レモンサワーを提供してくださいます。内田洋行さんのはからいで、ちょっと屋台っぽい提供スペースもできました。一言で2階から地下への移動といいますが、120名以上が一度に2階から地下に移動するのです。そして、120名が乾杯用ドリンクを手に取る必要があります。なので、私もホッピーのお2人に交じって、黒ホッピーのサーバ機の担当をさせていただきました。

DSC_2060.jpg 

新年会の冒頭は、紅白歌合戦の司会を模倣した板谷・島田両理事による乾杯です。今回は紅白調のトークと曲紹介。乾杯をしたあとは「ワライナキ」のミニライブであり、その一曲目が「HAPPY DAYS」という曲なのですが、のりのよい「ワライナキ」のお2人からの提案で「HOPPY DAYS」タイトル替え歌にすることに。なので、ホッピーを手に120名が「HOPPY DAYS」の掛け声で乾杯しました。この曲、ホッピー社のテーマソングにできるんじゃないでしょうか。
写真は2階での登場を舞台袖で待つお2人です。

DSC_2054.jpg 

で、新年会でのお酒が入ってのダイアローグに入ります。今回は時間不足ということもあり、ここではあえてルールや企画は作らず、場の流れにゆだねつつ、各理事が自律的に会場各所をまわり、参加者に目を配ります。ただ、人数が多く、配りつくせぬ部分があったのは反省材料です。

このままではただの呑み会になってしまいそう…、と思った頃に、クロージング・セッション&ラップアップです。本日は疲労困憊で登壇を躊躇されていた中原先生が、2本のドリンク剤とホッピーのパワーで奇跡の復活。最後のセッションをリードされました。

15940808_10212287298004275_5817661288493979036_n.jpg 

たくさんの皆様のおかげでイベントは作られるものだということをあらためて実感した日でした。反省事項は多々ありますが、イベントの企画はやめられないなぁと実感した日でもありました。それにしても、あまりに企画てんこ盛り。別にAIの企画と新年会を一緒にしなくてもいいじゃないかという素朴な意見もあるかもしれませんが、これがMALLです。それにしても、ドラムサークル、ミュージカル、ダンスはこれまでやりましたが、ライブは初めてでした。いいですね。すっかり「ワライナキ」のお2人のファンにもなったので、大阪でライブに行きたいです。

AIについて不気味さに感じる一つの要素は、彼らが自ら学習をしていくというイメージでしょうか。人のコントロールを超える可能性を感じる恐怖心でしょうか。彼らが学習するのであれば、私たちも学習する必要があります。負けてはいられません。答えのある問への対処や、定型的反復的処理は勝ちようがないでしょう。でも、彼らの得手不得手を理解し、自分たちを磨けば愉しい共存はあるはずです。私たちならではの何かを伸ばす学習をどうしていくかが大切なんでしょう。なお、昨日の様子は中原先生が早くもブログに今朝書かれています

経営学習研究所の次の企画は、ちょっと変化球です。「経営学習研究所 HR-Mall-Place 「学びのおすそわけフェスティバル」と名打った、若手HRパーソンが自らの学びの成果を参加者の皆さまにおすそわけをするという企画です。今回のものとはかなり趣が違いますが、ご興味のある方は、ぜひご参加ください。申し込みは、こちらからできます。そして、3月14日にも次の企画を予定しています。こちらはまだリリース前です。

2017年、経営学習研究所も愉しく頑張ります。




【2017/01/11 23:12】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
Facebookで友達になって今日で6年になります!

あけましておめでとうございます。


新年2日目ですが、今年最初のブログを書きますね。


夕方にFBをみていたら、中原淳先生がフェイスブックのちょっとおせっかい機能で「友達になって〇年になります」というやつで、私とFBの友達になって6年、というのをあげてくれていました。とっても光栄です。今は、一般社団法人経営学習研究所でご一緒させていただいたりと、定期的にお逢いする仲になっていましたが、そういえば出会いはなんだったんだろうと、過去をあらためて確認してみました。どちらかというと年末にやるような企画ですかね。


自分のブログで検索してみると、一番最初にお逢いしたのは、2008年6月13日でした。東京大学で初めてLearning Barに参加させていただいたときです。この時のゲストは、高津さん。ご登壇されたときは「Works」の編集長であられたみたいです。法政大学の長岡先生にお逢いしたのも、この日です。この頃は、長岡先生がヒール役的に予定調和を崩す素敵な役割をされていました。これ、なかなか私のツボにはまり、その後、Learning Barの常連になります。初回のLearning Barで隣り合わせで座ったお2人と3名でそのあと吞みに行きました。それ以来、Learning Bar終了後は必ず近所のひととかと吞みにいっていました。当時は人事の仕事を離れていたので、毎回とってもAWAYな感覚、いい感じでした。


で、どうしてLearning Barに行ったかというと、その前の年のキャリアデザイン学会にさかのぼります。2007年のキャリアデザイン学会の研究大会で、CDCというキャリアを探求する(?)仲間と生まれて初めての学会発表をしました。研究大会というものにいったのもこのときが初めてです。巡り巡ってその学会の理事をさせていただいているのも不思議な感覚です。

私たちは大学生のキャリア形成についての発表を大緊張の中でしたのですが、これがそこそこよい反響でした。私たちの次の発表は、荒木淳子先生の「実践共同体」についての発表。その冒頭で、荒木先生は、ひとつ前に発表したグループなんかは典型的な実践共同体、といった感じのコメントをしてくださいました。私たちのことです。で、終了後に名刺交換などさせていただいたところ、後日連絡をいただき、実践共同体に関する研究調査インタビューを受けることになります。インタビュー後にあれこれ雑談している中で、「あなただったら絶対にはまる勉強会がありますよ」と紹介いただいたのが、中原先生のLearning Barでした。そして、お2人も共著者になっている「企業内人材育成入門」中原淳編著(ダイヤモンド社)も紹介いただき、のめりこんで読みました。その後にはじめたこのブログの初回のテーマは「実践共同体」、今はとぎれとぎれですが、以降5年以上にわたり毎日アウトプットを続けていました。


Learning Bar終了後の呑み会では、ほんとうにたくさんの方と知り合いになりました。なんか学びの仲間のねずみ講のような感じでした。「ちゑや」の後の会でチムニーで隣り合ったのがきっかけにできた「やゑくら(八重洲でうどんを喰らう会」、その後でいつしか「音楽座ミュージカル」の公演に足を運ぶようになりましたが、その数年後に中原先生から、面白い劇団があるんで次のMall(経営学習研究所)のイベントに呼ぼうと思うんだけど、てな話を伺い、不思議なつながりをまた感じました。

2009年に転職して、思想の拠り所に悩んでいた頃、慶応MCCの「世界の事務局」が今後、絶対に面白い企画をしたので来ませんかと声をかけてくれました。これが中原先生の「ラーニングイノベーション論」。この講座、中味からも仲間からも大変な影響をいただきました。時を同じくして産能大の営業が、キラーコンテンツとして長岡先生を営業同行でお連れになりました。そんなこんなから、いつしか一般社団法人経営学習研究所でご一緒するご縁になりました。

フェイスブックのお導きで、ちょっとご縁の振り返りをする機会をいただきました。とにかく、つながりと出会いと、学びに感謝です。これからも、たくさんの刺激をいただければと思いますし、ささやかなお返しもできればと思います。

興味があったら行ってみる、呑み会は大切にする、今の仕事に集中しない、とりあえずはこんなところが今日の教訓でしょうか。変わってきたようで、変わっていないところも多い自分、いいところもあるような気はするけど、悪いところを直す努力を怠っている自分、そんな自分と時には対峙しながら、今年も何とかやっていきたいと思います。

今年もよろしくお願いいたします。

酒場探訪シリーズ041 大越 
※酒場探訪シリーズ041 「大越」@神田 ~年末30日で閉店したザ・大衆酒場。大声出さないと隣の人とも会話画できないような喧噪の中で果てしない数のメニューが待つ大箱。ゼロ次会利用が多かったです。勤務時間中の夕方にのぞくと先輩が吞んでいたりしましたっけ。寂しいなぁ。でも、古典酒場部仲間のおかげでギリギリ29日にお邪魔できました。この日は、銀座→神田→荻窪→荻窪→三鷹→地元、と記憶の飛ぶ昨年最後のはしご酒をした日でもありました。






【2017/01/02 23:17】 | 経営学習研究所(MALL) | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
前ページ | ホーム | 次ページ